読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

夢でまで悲しくなりたくない

感情と眠気の波に春を感じたけどピンクの絨毯と自分の口から出た言葉に驚いてもうそろそろ誤魔化しも効かなくなるんだなと寂しくなった
指の先がピリピリしだしても冬の海を目の前にした時の気持ちを忘れちゃいけないよ 変化することにいちいち心動かされてしまうのはいらない苦労なのかもしれない 天井を見つめる暇もないほどぱたっと落ちて知らぬ間に次の朝がはじまってても黙ってそれに従うしかない
f:id:sahirororo:20150407113924j:plain
本当はきっとなにも欲しくない あえていうなら人に与えるものが欲しい

すぐに愛おしくなっちゃう 競争心と愛情とがぐちゃぐちゃに混ざり合ってもうまく飲み込めるようになった わたしは咀嚼が少ない
f:id:sahirororo:20150407214714j:plain
許されたくて報われたい 関係に名前をつけないと一緒にいられない人たち 目に見えないものを見えてないフリするのは疲れるよ 怯える必要も抗う必要もなくて終わりなんて気にしないほうがいいに決まってるのに 絶対にそうなのに
f:id:sahirororo:20150407222507j:plain
f:id:sahirororo:20150407222358j:plain
f:id:sahirororo:20150407222552j:plain
絶対に?