読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

なにを思い出しても昔のこと

最近は言葉になるより先に涙が落っこちてそこで終わってしまう。
帰りの電車で泣くのももう慣れて乗り換えでわけがわからなくなったり、駅からの道の途中でタクシーを止めたりしない。

-

大人になることは平らになることのような気がしている。
だんだん、薄々気づいてはいるけどさ、わたしは死ぬまでやわらかいままでいたいし平らに固められてしまうようなら早く終わりにしたい。
小さい頃、雲に乗れると思ってたみたいに永遠とか幸せとかそういうものに乗れると思ってる。思いたい。永遠に。


歪んだ音と歪んだ音に挟まれた澄んだ音を恥ずかしく思うんでしょう。
誰のせいでもないことが一番やっかいで、なんならそれは全員のせい。
なにも間違っていないはずなのになんでなの。