読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

二十歳の夏

記録

東京は夜の7時。ラジオの向こうでは渋谷PARCOのおしまいを惜しんでて、わたしはくるくると変わる空の色を全部覚えていたくて、今もしも手を繋いでいたならぎゅっと力を込めていた。そんな夜だよ。

視線も声も仕草もなにも全てがラブレターで、人を好きってだけでこんなにも嬉しくて、ってJ-POPの歌詞みたいなこと言っちゃうくらいに大切な夏。

難しい言葉はいらないし、おしゃれなお店じゃなくてもいいし、なにをしてもしなくても、思い出よりも綺麗な空。