読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

気が向いた時に飲むビタミン剤みたいな関係・ただれた魚たち・ねっとりと流れる風呂場の時間・写し絵のような文章、それは

 

 -

 

日々過去を清算していくことこそが前を向いて生きるということだなと思いながら辛くて熱いカップ麺を食べた。めずらしく人と喧嘩なんかして部屋に置き去りにしたのと同じやつを一ヶ月経ってようやく。結局食べきれなくて一ヶ月前と同じくらいの量を残した。

 

どうやらコミカルに生きるしかないみたいだなと思った。悲劇は喜劇らしいし。淡々とした毎日の僅かな塵が積もって山になったら超ウケる。

下りの各駅停車の窓に満開の桜の輪郭を見てる。春の、この、油断すると寝過ごしてしまいそうなぬるい夜にあと何回会えるんだろう。春は切ないし夏も切ない。秋も冬も切ないって気づいたらほんの少し、また切なくなった。コートを脱いで汗を拭う頃になったらさ、冷たい水で顔を洗っていつも乗らない電車で遠くに行こうね。わたしは三日に一度、足の爪を塗り直すから。

f:id:sahirororo:20170409224308j:image

希望とか

舌に残る添加物の苦味と共に、花瓶に入れられたままドライフラワーになった花たちのことを考える。雨の日のバス停は傘の幅だけ列が伸びて、たまにしか出番のない長靴で少し強気になるけど座敷に通されるとなにかがマイナスになる。昨日まで青紫色をしていた大きな痣は目覚めてみると肌と同じ黄色になっていた。誰かの記憶に残るのが嫌で写真を嫌うあの子も、毎日のように自分の写真を撮り続けるあの子も、言ってしまえば同じ呪いに身を浸してる。間に入るなにかのおかげで/せいで好きになったり嫌いになったりするものはきっとそのなにかが好きだったり嫌いだったりするわけで、本物の好きと嫌いには理由もなにもない気がする。たぶんメールのはじめに「お疲れ様です。」なんて書くようになってから人とのコミュニケーションに疲れるようになってしまった。コーンの部分だけを残して途中で冷凍庫にしまっておいたソフトクリームを母親が食べきっていた。渋谷の東急ハンズって本当は何階建てなんだろうね。CMで夕陽を見る新垣結衣の頬の涙が本物だったとしたら、ほんのちょっとだけ明日の朝陽が明るくなると思うんだ。

部屋の中がだんだん暗くなっているところを見張っているつもりが、気がついたら夕陽と一緒にすとんと眠りに落ちていた。夢みたいな目の回る毎日がようやく落ち着いて、玉手箱を開けたみたいになっているかと思ったらそんなことはなくてほっとした。

 

自分の意思で終わらせたことに後悔はしたくないし、今まで大切にしてきたものはこの先もずっと大切にしていきたいからしかたのないことのような気がする。悲しいけどそれ以上に意味のあることにしたい。

 

全部がその時しかないものだってわかってるつもりだから、誰のどの時間も無駄にしたくないな。

 

 

 

 

禁断の多数決

宇田川の禁断の多数決X 本当にありがとうございました。

見にきてくれたお客さんも含めたくさんの方々のおかげで楽しく本番を終えることができました。

 

禁断の多数決の中身の部分について今まであまりネット上で言及することがなかったのですが、大きな区切りがついた時点でちょっとだけお話ししたいと思います。あくまでも禁断の多数決からではなく、みなさんよりも少しだけ禁断の多数決に近いところにいるわたしの視点から見たそれの話です。

 

 

禁断の多数決とはなんぞやというのを聞かれた際、一言で「マンション」と表現してます。 

ほうのきさんが管理人で、他のメンバーがそれぞれ禁断の多数決というマンションの住人。入居審査はあるけど、入る時期や出て行く時期もバラバラで、中に入ったらなにをやってもオッケー。たまにみんなで集まってお酒飲もうねという感じです。

 

 

わたしが入ったのは2014年7月、しょっぱなはCrazyのMVでした。

禁断の多数決「Crazy」 - YouTube

「歌も苦手で、歌いたいとも思ったこともないし、しかも楽器もできないけどなにをしたらいいんですか?」とほうのきさんに聞いたら、「なんでもしていいよ。さひろちゃんの好きにしていい。」と言われこの時に禁断への加入を決めました。

 この時のメンバーは、ほうのきさん、はましたさん、シノザキさん、上野さん、はりかちゃん、加奈子ちゃん、ブラジルちゃん、水蓮寺・J・さひろでした。

 

 

わたしの入ったわりとすぐ後にちゅうとはんぱはやめてが術の穴から出ました。

【MV】 禁断の多数決『ちゅうとはんぱはやめて feat.泉まくら』 - YouTube

泉まくらさんのラップと大島智子さんが監督をしたMVも相まって、この曲で禁断を知った人も少なくないと思います。

 

そしてこの後はりかちゃんが抜けて、女子メンバーはわたしと加奈子ちゃんのふたりだけになります。

 

 この二年間くらいはライブもなく、出演もDJやショー形式のものだけおこなってきました。

 

GO!GO!カンフーダンスや、

禁断の多数決 "GOGO!! カンフーダンス feat.テンテンコ" (Official Music Video) - YouTube

ゆるめるモ!あのちゃんとの曲、kissなど、

禁断の多数決『Kiss feat.あの (ゆるめるモ!)』MV - YouTube

YouTube上での曲の発表、そしてわりとどれも「feat.誰々」という曲が続き、どういう距離で禁断と関わったらいいのかがイマイチ掴めていませんでした。

メンバーと半年間会わなかったりもして、自分の中で禁断の多数決がどんどん小さくなって、このままぽろっとなくなっちゃうような気がしてよくないなと思ってたのを覚えています。

 なんにもしていない気がして、手持ちぶたさで宙ぶらりんだったのもありこのタイミングでミスiDに出ました。

 

 

 そして去年、ほげちゃんが加入。

禁断の多数決 - ユーロビートを追いかけて - YouTube

立て続けにボブリシャスが加入。

禁断の多数決 - ビューティフル・ドリーマー - YouTube

 

女子メンバーが一気に4人になりました。

なんだかちょっとずつなにかが始まる気がしてわくわくしていました。そして12月にロフト9でメンバー全員での酷いトークショーをおこないました。

女性が4人集まり、近くで見ている人からすると各々のキャラが立っていておもしろかったんじゃないかと思います。

けれど客観的に見るとこれはアイドルなんじゃないかという気持ちがどんどん大きくなっていきました。全然そんなことはないんだけど、そんなことはないって言わないとそれがうまく伝わらない。アイドルとそれ以外の差が明確にはわからなくてどうにもモヤモヤとしていました。

みんなかわいいし、SNSに自撮りも載せるし、イベントではチェキもやるし、おまけにわたしはミスiDに出ちゃったりするしでそういう見方をされることが嫌とはっきり言い切っても説得力が弱すぎてかっこ悪いので流れに身を任せるしかなかったという感じです。

 

そしてみんなで渋谷川を歩くラブ&ポップのEDのカバーを発表し、ワンマンライブの開催が告知され始めました。

Love&Pop - エンディングシーン (禁断の多数決) - YouTube

 

正直わたしは納得のいってない部分が多く、この時点で意図的にあまり告知をしていませんでした。

OAにアイドルのブクガさんを呼ぶことによって、そこについてくるお客さんはなんの違和感もなくわたしたちのことをアイドルとして見るんじゃないかということや、WWWXに決まった経緯も個人的に腑に落ちない部分があり不安というよりもワンマンをやる意味みたいなものがどこにあるのかをどうにか探っていました。

 

そんな中でワンマン一ヶ月前に札幌でのライブがありました。あれをバンドのライブと呼ぶのかどうかは正直わかりません。ただ、今までのDJやトークなどでの出演に比べて、お客さんからの期待が段違いでした。今までのイベントが無駄だったとは思いたくないけど、真剣に見てくれる人がこんなにいるのかとやっと自分の、自分たちのことなんだと実感が湧きました。

 

そしてほうのきさんから初期メンバーであるローラーガールの復帰を聞かされ、ここでほうのきさんはなんだか良い方向に舵を切ってくれたなと思いました。

 

ここで今回のライブのフルメンバーが揃いました。

ほうのきさん、はましたさん、上野さん、ローラーガール、加奈子ちゃん、中村ちひろ、ほげちゃん、ボブリシャス。

 

しばらく会わないこともあったりしたメンバーと、定期的にスタジオに入り時間とともに湧く焦りと高揚感と楽しみな気持ちと他にも色々とが混ざってわたしは毎日現実味がありませんでした。

あっという間に一ヶ月が過ぎて告知のためにラジオに出たり、DOMMUNEに出たり、気づいたら本番も終わってました。

 

絶対埋まらないと思ってたキャパ500人のWWWXで、入場者数は489人でした。本当にありがとう。

 

うわ、わたし禁断の多数決大好きじゃんって気づいてから油断するとすぐ泣いてる。昨日も打ち上げ中トイレで泣いてた。

 

禁断の多数決のこれからが本当に楽しみだし、どんどんおもしろくなっていってほしいです。

宇田川の禁断の多数決Xに来た人は確実に「禁断の多数決の”あの”WWWXでのライブ行ったよ」って今後人に自慢出来ると思います。わたしも自慢しよーっと。

 

超たのしかった。 

本当にありがとうございました。

お湯が沸くまで待ってるね

 

なんでも笑って許せる人が優しい人なの?

 

-

 

 

 

「わたしあの日、雨にも気づかないほどに酔っててさ。君が傘に入れてくれたでしょ。それであぁ雨が降ってたのかって。それ以外のことは覚えてないんだけどね。」

「ひどかったよ。あの時は。ほんとに覚えてないの?」

「記憶にございません。」

「まじか。」

「でもさ、そういうことってない?ストックホルム症候群ってわかる?」

「監禁されてる人が犯人に感情移入しちゃってかばうやつでしょ?」

「そうそれ。ああいう感じなの。」

「ああいう感じ。」

「うまく言葉にならないんだけど、最近そういうことが多すぎるの。気づくのが遅いのか気づかないふりをしてるのかわからないけど。相手からしたら今さら蒸し返すの?みたいに思えるだろうから我慢して飲み込むのね。でもやっぱり我慢できなくて。我慢できなくなる頃には更に時間が経ってて。いたたまれないよ。どうしたらいいんだろう。」

 

 

-

 

あの子が何を見て安心するのか知りたい

その時にどんな顔をしてるのか知りたい

人前でその顔をしたことがあるのか知りたい

 

 

-

 

 毎日楽しいんだけどな

f:id:sahirororo:20170314181812j:image

 

虹の入江で

線路の砂利の隙間に咲いた白い小さな花が通る電車の風に吹かれてそよそよと涼しげに揺れている。陽を遮る屋根もないそこですくすくと育ち、大きくなったところでさっきまで優しく風を吹かせていた電車に轢かれて潰れてしまう。

 

強く生きること。したたかに、たおやかに、清く、正しく生きることがそんなに難しいんですか。

 

好きな人を好きという気持ちだけで全てがうまくいったらいいのにといつも思う。大事なものを大事にしたい。泣くことも怖くないのになにがわたしをこんなにいたたまれなくさせているんだろう。早く春が来ればいいのに。

 

気持ちに蓋をする必要のない日常がスパッとなくなって一気に吹き込んできた汚い煙に目をやられてぼろぼろと泣く。いままでよりも太ったわたしはいつものところに指輪が収まらなくて薬指を光らせている。帰り道の雪はすぐに止んじゃって積もったり、地面を光らせることすらない。ここはやっぱり東京。

f:id:sahirororo:20170225001641j:image