読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

向かいのホームに知り合いを見つけたときみたいな


わたしはわたしの口から出る言葉をもっと聞きたいと思ってるしわたしはわたしの手から生まれる言葉をもっと読みたいと思ってる

薄くなったカレンダーの下の方に目を置く、この忙しさは本当に必要なものなのかな 偶然の一致で産まれちゃったランダムさを大事にするべきなのかな これを無駄だと判断したらまっさらな気持ちになれるけど根元から切り捨てるにはまだまだ怖い (2014.11.22)

やっぱりこの忙しさは必要のないものだ 気力と体力の無駄使い…無駄と言い切るのは周りの人に申し訳ないから違う気もするけど やりたいことがあるのにそれを横目に違うことにいっぱいいっぱいになるのは悔しい 時間とかお金とかは言い訳にすぎなくてそれもちゃんとわかってるけど説明がめんどくさくてつく嘘ってあるでしょ 生産性のありなしなんて気にしてなかったはずなのにだんだん周りだけじゃなくて自分もじりじりと動いてるのを感じる これは仕方なくて全然怖くはない 第三者の介入によって生まれるリスクのことちゃんと計算して見せてください わかってないふりしない(2014.11.23)

電車に乗ってると急に座り込んで泣きたくなることがある 感情の順番を守る方だからちゃんと平気な顔で外を見る振りして窓に映った自分の目を見てる 最近よく違和感について考える 良い違和感と悪い違和感があってその境目は曖昧でゆらゆらしてて絶対的なものじゃないから難しい 奇をてらうことがよくないとか保守的であれとかそういうことが問題ではなくて意図のないコラージュに感じる気持ち悪さのような 感覚的に動ける人ももちろんいるけどわたしはそれではないと思ってるから手持ちの知識の少ないうちに外に出るのが怖い(2014.11.24朝)

f:id:sahirororo:20141124105054j:plain
f:id:sahirororo:20141124105114j:plain