読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡帳

sssahiro@gmail.com

禁断の多数決

記録

宇田川の禁断の多数決X 本当にありがとうございました。

見にきてくれたお客さんも含めたくさんの方々のおかげで楽しく本番を終えることができました。

 

禁断の多数決の中身の部分について今まであまりネット上で言及することがなかったのですが、大きな区切りがついた時点でちょっとだけお話ししたいと思います。あくまでも禁断の多数決からではなく、みなさんよりも少しだけ禁断の多数決に近いところにいるわたしの視点から見たそれの話です。

 

 

禁断の多数決とはなんぞやというのを聞かれた際、一言で「マンション」と表現してます。 

ほうのきさんが管理人で、他のメンバーがそれぞれ禁断の多数決というマンションの住人。入居審査はあるけど、入る時期や出て行く時期もバラバラで、中に入ったらなにをやってもオッケー。たまにみんなで集まってお酒飲もうねという感じです。

 

 

わたしが入ったのは2014年7月、しょっぱなはCrazyのMVでした。

禁断の多数決「Crazy」 - YouTube

「歌も苦手で、歌いたいとも思ったこともないし、しかも楽器もできないけどなにをしたらいいんですか?」とほうのきさんに聞いたら、「なんでもしていいよ。さひろちゃんの好きにしていい。」と言われこの時に禁断への加入を決めました。

 この時のメンバーは、ほうのきさん、はましたさん、シノザキさん、上野さん、はりかちゃん、加奈子ちゃん、ブラジルちゃん、水蓮寺・J・さひろでした。

 

 

わたしの入ったわりとすぐ後にちゅうとはんぱはやめてが術の穴から出ました。

【MV】 禁断の多数決『ちゅうとはんぱはやめて feat.泉まくら』 - YouTube

泉まくらさんのラップと大島智子さんが監督をしたMVも相まって、この曲で禁断を知った人も少なくないと思います。

 

そしてこの後はりかちゃんが抜けて、女子メンバーはわたしと加奈子ちゃんのふたりだけになります。

 

 この二年間くらいはライブもなく、出演もDJやショー形式のものだけおこなってきました。

 

GO!GO!カンフーダンスや、

禁断の多数決 "GOGO!! カンフーダンス feat.テンテンコ" (Official Music Video) - YouTube

ゆるめるモ!あのちゃんとの曲、kissなど、

禁断の多数決『Kiss feat.あの (ゆるめるモ!)』MV - YouTube

YouTube上での曲の発表、そしてわりとどれも「feat.誰々」という曲が続き、どういう距離で禁断と関わったらいいのかがイマイチ掴めていませんでした。

メンバーと半年間会わなかったりもして、自分の中で禁断の多数決がどんどん小さくなって、このままぽろっとなくなっちゃうような気がしてよくないなと思ってたのを覚えています。

 なんにもしていない気がして、手持ちぶたさで宙ぶらりんだったのもありこのタイミングでミスiDに出ました。

 

 

 そして去年、ほげちゃんが加入。

禁断の多数決 - ユーロビートを追いかけて - YouTube

立て続けにボブリシャスが加入。

禁断の多数決 - ビューティフル・ドリーマー - YouTube

 

女子メンバーが一気に4人になりました。

なんだかちょっとずつなにかが始まる気がしてわくわくしていました。そして12月にロフト9でメンバー全員での酷いトークショーをおこないました。

女性が4人集まり、近くで見ている人からすると各々のキャラが立っていておもしろかったんじゃないかと思います。

けれど客観的に見るとこれはアイドルなんじゃないかという気持ちがどんどん大きくなっていきました。全然そんなことはないんだけど、そんなことはないって言わないとそれがうまく伝わらない。アイドルとそれ以外の差が明確にはわからなくてどうにもモヤモヤとしていました。

みんなかわいいし、SNSに自撮りも載せるし、イベントではチェキもやるし、おまけにわたしはミスiDに出ちゃったりするしでそういう見方をされることが嫌とはっきり言い切っても説得力が弱すぎてかっこ悪いので流れに身を任せるしかなかったという感じです。

 

そしてみんなで渋谷川を歩くラブ&ポップのEDのカバーを発表し、ワンマンライブの開催が告知され始めました。

Love&Pop - エンディングシーン (禁断の多数決) - YouTube

 

正直わたしは納得のいってない部分が多く、この時点で意図的にあまり告知をしていませんでした。

OAにアイドルのブクガさんを呼ぶことによって、そこについてくるお客さんはなんの違和感もなくわたしたちのことをアイドルとして見るんじゃないかということや、WWWXに決まった経緯も個人的に腑に落ちない部分があり不安というよりもワンマンをやる意味みたいなものがどこにあるのかをどうにか探っていました。

 

そんな中でワンマン一ヶ月前に札幌でのライブがありました。あれをバンドのライブと呼ぶのかどうかは正直わかりません。ただ、今までのDJやトークなどでの出演に比べて、お客さんからの期待が段違いでした。今までのイベントが無駄だったとは思いたくないけど、真剣に見てくれる人がこんなにいるのかとやっと自分の、自分たちのことなんだと実感が湧きました。

 

そしてほうのきさんから初期メンバーであるローラーガールの復帰を聞かされ、ここでほうのきさんはなんだか良い方向に舵を切ってくれたなと思いました。

 

ここで今回のライブのフルメンバーが揃いました。

ほうのきさん、はましたさん、上野さん、ローラーガール、加奈子ちゃん、中村ちひろ、ほげちゃん、ボブリシャス。

 

しばらく会わないこともあったりしたメンバーと、定期的にスタジオに入り時間とともに湧く焦りと高揚感と楽しみな気持ちと他にも色々とが混ざってわたしは毎日現実味がありませんでした。

あっという間に一ヶ月が過ぎて告知のためにラジオに出たり、DOMMUNEに出たり、気づいたら本番も終わってました。

 

絶対埋まらないと思ってたキャパ500人のWWWXで、入場者数は489人でした。本当にありがとう。

 

うわ、わたし禁断の多数決大好きじゃんって気づいてから油断するとすぐ泣いてる。昨日も打ち上げ中トイレで泣いてた。

 

禁断の多数決のこれからが本当に楽しみだし、どんどんおもしろくなっていってほしいです。

宇田川の禁断の多数決Xに来た人は確実に「禁断の多数決の”あの”WWWXでのライブ行ったよ」って今後人に自慢出来ると思います。わたしも自慢しよーっと。

 

超たのしかった。 

本当にありがとうございました。